詩7 七夕

七夕

  

 ひかり晴れた空 

 彦星と織姫と
 そこら中にひしめいて 

 泣いたような
 笑ったような 

 「あなたを
  こよなく嫌悪します」